top of page
  • 執筆者の写真info488485

探偵は、弁護士の悩みの種

探偵は個人の方が片方の配偶者による不貞(浮気)でお悩みの時、その証拠を得るためにお役に立つ事ができます。


弁護士さんでも、裁判に勝つ、慰謝料を勝ち取る等の場面で、証拠が必要である事を仰っています。


でも、その探偵が実は弁護士にとって〝悩みの種〟であったりするわけです。


それは、前回のblogでもお話しした通り、やっぱり料金の問題なのです。


先日、ご縁があって面会、軽い会食をさせて頂いた新たな弁護士先生との話でも、不貞の慰謝料が150万〜200万円くらいが妥当な相場であるものの、


前回のお話し同様、探偵が高すぎるために依頼者の手元に殆ど残らないケースが、やっぱり多いそうで、まさに悩みの種であるようです。


特に探偵の費用というのは、損害として認められる事は殆どなく、被告に請求できる可能性は大変低いものです。


高額な探偵事務所の中には、「探偵の費用は慰謝料に上乗せして回収できる」などと言って、お客様に高額な契約をさせるところもあると聞いた事があります。


確かに慰謝料を500万円とか、裁判で勝ち取れる事はあります。


ただし、それを支払わせる事が可能かと言えば、現実的には難しいと言わざるを得ないのです。


何故かと言えば、まず回収が見込めないですし、下手をすれば破産されてしまう事もあるからで、現実的な金額とは言えないのです。


さらに、それだけの金額を勝ち取れば、当然のように弁護士の成功報酬も高額になります。


回収はできない。弁護士には支払わなければならない、という本末転倒的な結果になるわけです。


そのため、150〜200万円というのが、あらゆる面で現実的な慰謝料とも言えるのです。


しかしながら、探偵の費用が高すぎるゆえに、弁護士さんも、お客様が望めば高額な慰謝料を勝ち取ろうとするしかありませんし、そうでもなければ弁護士費用と探偵費用でトントンか、赤字にならざるを得ないという羽目になるわけです。


では、浮気調査の場合、どのくらいの費用が現実的なのでしょうか?


もちろん、不貞の状況やケースに依るところではあるものの、一般的な不貞の場合、まず日数的には1日〜3日程度、これの費用はだいたい10万円〜50万円くらいで結果を得る事ができます。


これが現実的な浮気調査の費用であると断言しても良いと思います。


是非、冷静になられ、費用対効果をしっかりとご判断された上で調査のが活用を頂ければと思います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page